特許登録技術であるModulogreen®垂直型ソリューションにより、室内外の壁面の緑化には細胞状モジュールをご提案させて頂くことが出来ます。

Modulogreen®垂直型ガーデンのコンセプトは基盤の大きさにあり(植物につき約4リットル)、植物の根の成長を助長させ、様々な種類の芳香植物や灌木などのを用いることを可能にすることであります。

ポリプロピレンから造られ、グラスファイバーによって強化されており、木の根からの圧力や天候の変化など対しても、大きな耐久性を持つモジュールです。モジュール自体はアルミニウム製および混合資材の基盤部分に固定されるか、木材や補助壁に取り付けることも可能です。この設営方法から、壁面と緑化基盤面との間に空気層およびエアーボックスを作ることが可能となり、時の経過とともに発生しうるいかなる侵食や補助基盤の腐敗リスクなどを予防することができます。modulogreen®のコンセプトでは、補助壁と緑化基盤の間に隔離壁を設けることも可能であります。