ポリプロピレンから造られ、グラスファイバーによって強化されており、木の根からの圧力や天候の変化など対しても、大きな耐久性を持つモジュールです。


システム

建築構造需要に応じて生産されており、限りない創造性を伴っている新たな緑化コンセプトをご利用頂けます。

円状垂直型のModulogreen®システムは、弊社ブランドの伝統的なシステムと同様の方法にて、緑化柱を作ることが可能です。

SF映画の様で、設置結果はまさに驚きです!ご自身の目でお確かめください。

構造

新しい緑化システムに順応できるよう、弊社のデザインチームによって特別にデザインされたもので、システムを支えることが出来るように、主軸構造は機械的にアルミニウムで造られておりますが、その重量は比較的に軽いです。

構造の基盤として、ステンレススチール製のボードが設置されており、地面に対して柱の重量を分散できるような構造となっております。
二つの構造基盤の組み立てはシンプルで、ステンレススチール製のネジを用いて固定するのみです。p>

コンセプト

このモジュールの円状の形状の他に、使用資材や基本機能、そして適用方法は「従来」のModulogreen®垂直型ソリューションと同じままとなっています。

寸法:丸状モジュールの¼です。モジュールの内部の直径: 700 mm。モジュールの外部の直径: 1020 mm (植物のボリュームを除く)

緑化角柱システム

ある市町村の道の緑化の依頼をもとに造られたものです。緑化柱を導入することにより、植物の 成長促進を可能にさせます。

骨組み

アルミニウム製の筒状の骨組みは設置しやすく、基盤も調整可能であることから、柱の地面との接触部分を補助するのに最適であり、固定場所が正確であれば緑化柱が安定性が不安定になることがなくなります。モジュールは基盤や舗装または補強部分の上に設置されるため、灌漑システムをカバーする事が可能になります。

コンセプト

骨組みへのモジュール取り付けを行う方法により、植物の花つきの循環を良くさせ、季節や気候に応じて様々な花々の花の開花に対応できます。