ジョゼ・ドス・サントスは CEOであり、Modulogreen®(グリーンモジュール)のコンセプトの創作者であり、他の複数のガーデン事業を提供する企業のように、都市環境と緑や自然の融合およびその取り入れを行うための技術順応や革新を図ることへの終わりなき道を歩んでおり、これは私たちの日々の健康的な生活や仕事場を形成することに繋がっています。植物に従事するプロの手により提供される、Modulogreen® 垂直型グリーンシステムは数年間にわたる調査と試行錯誤が必要でした。今日に至っては、その調査と試行錯誤が実を結び、この弊社の緑化技術により植物は周辺環境の中心的な柱となることでき、それは植物自体の成長とその成長に関連する時間の有効活用に最適な方法となります。


有限会社Modulogreen Vertical Solutionsは2009年に設立され、外構舗装用のモジュールシステムの生産に特化した会社であり、それはつまり、垂直型ガーデン用の植物モジュールに特化したした会社という意味であります。垂直型ガーデンは市場に比較的最近に市場に流通し始めた商品であり、今流行の商品でもあります。世界的にも著名な建築家による代表的な施行工事に用いられたことをきっかけとして、重宝される商品となってきています。 それに伴う波及効果によって、垂直型ガーデンは世界各国にて少しずつ導入されていっており、建物のシンプルな垂直型外構舗装、または土木および建築工事に適用されていっております。世界的にも、環境順応型の新たな建築デザインへの需要が高まっていること、そしてこのモジュールシステムのデザインおよび機能、そして熱的機能における特徴への関心が高まっていることも、その波及効果に繋がっていると言えます。このタイプの外構舗装は比較的に安価であり、心地よい外観も生み出せることが商品購買意識向上につながっています。しかし、長所はそれだけでは無く、商品の扱い易さと設置のしやすさの他に、高い断熱力があり、環境的な面でも建物をより効果的にする働きもあります。 グリーンモジュール社によって開発された技術は、灌漑システムにおいて革新的な技術であります。一滴一滴を管理するシステムで、全ての植物に均等に灌漑を行うことを可能にするものであり、一日の時間帯や一年の季節に応じて灌漑のシステムを自動調節されます。そして忘れてはいけないのが水の再利用システムであり、灌漑システムを最適化させ、水の消費量を少なくさせます。現在流通している外構舗装システムは、出荷元にて組み立てが行われたものであり、設置場所に応じては、重い構造がネックとなり、扱いが難しく多面性に欠けるものであります。 弊社モジュールグリーンのコンセプトは市場でも唯一無二のシステムであることは疑う余地もなく、これは弊社商品の特徴と類似した商品も無く、建築よび建設業界において国際的にも評価され、代表的な商品となれるポテンシャルやインパクトを持ち合わせた商品は他にないことからであります。弊社モジュールグリーンが開発したシステムの改良と修正が行われた後、新興市場へと進出していくためには、創業者であるジョゼ・ドス・サントス氏によって開発された最初のシステムに起こったことを繰り返さず、発明品を守り抜くことが不可欠という結論に至ったことから、今日において、弊社の商品は国際的および欧州での特許が付与された商品となっています。 弊社モジュールグリーンが市場での大きな商的機会を模索するに関しての不安材料はありません。これは弊社の創業者が持っていたフランス市場でのコネクションを介して、フランス、モナコ、オランダ、アメリカ合衆国、カナダ、アンゴラなどの市場に参入していることにあります。弊社が取得した特許登録と同様に、アメリカ合衆国、カナダ、中国、日本、メキシコ、ブラジル、オーストラリアやアラブ首長国連邦などの国々の市場において、さらなる弊社のシステムの商品化をヨーロッパ全域および全世界的に拡大させることを視野に入れております。商的戦略上の市場の選択はランダムに行われたわけではなく、対象国に置いての特許登録の他に、外構緑化工事施工のポテンシャルが、公共工事や都市部再開発および民間のリフォーム工事といった、あらゆる点において巨大であることにあります。前述の項目以外でも、公共工事の規模の膨大さと公共および民間工事に係わる建設業界の技術の高さや世界的にも革新的な技術を持ちあわせている点を考慮したうえで、選択されております。それらの市場では非伝統的な新しいソリューションを求める動き高まっており、最新の建築のトレンドを建物の建設に取り入れることでも知られ、エネルギーと環境への効率性が外観と融合していること、そしてその融合性が機能的であることが、公共及び民間の建設または建設リフォーム事業における基本的条件となっていることも考慮したうえでもあります。 ここ、ポルトガルにおいては、弊社モジュールグリーンはポリプロピレンプラスチックとグラスファイバーをベースとした構造のモジュール生産を行うというコンセプトを考案した先駆者であります。これは、垂直型ガーデンに関しては革新的なソリューションであり、弊社の社名であるモジュールグリーン・垂直型ソリューションの由来は国際的戦略を視野に入れて考案された社名でもあり、それに起因して2010年にポルトガルのエストリル市で行われた「ウルバヴェルデ・持続可能都市フォーラム」においても、存在感を示しました。国内外の市場では弊社のモジュールグリーンのコンセプトにおける可能性を世界レベルにて発信できる場であり、弊社に対しての商的機会が数多く存在している場だと認識しています.